エアコンクリーニングが必要な理由1

最終更新: 2月7日

エアコンは今やなくてはならない家電です。

しかしエアコンの普及と共に、普段は平気なのにエアコンを付けると咳が止まらなくなる…そんな人が最近増えています。

エアコン掃除を長年していない主婦が絶対必要と感じた体験談」でも紹介しているのですが、エアコンをつけると体調不良を引き起こしてしまうことが結構あるんです。






エアコンはほこりやハウスダストをため込む

エアコンは部屋の空気を吸い込み温度を変えて吐き出しているわけですが、この過程で当然部屋の空気中に漂う細かいほこりやハウスダストも吸い込みます。

そういった異物を吸い込まないようエアコンにはフィルターがついていますが、フィルターも細かいほこりを完璧に排除できるわけではありません。

その為、エアコンを運転させていると徐々にエアコン内部にほこりやハウスダストが溜まっていきます。

カビやダニが繁殖する

エアコンの内部に溜まったほこりやハウスダストは、カビやダニの大好物です。

また、冷房稼働時エアコンの中では部屋の中から取り込んだ暖かい空気から熱を奪いますので、温度差によって結露を生じます。

その為、エアコン内部は非常に湿度の高い環境となり、これが更にカビやダニを繁殖させる原因となってしまうのです。

ちなみに「1年以上エアコン掃除をしてない人必見」の記事でも紹介しているのですが、掃除をしないとエアコンの汚れは悲惨な状態になってしまいます。

吹き出し口から出たほこりやカビ、ダニなどでアレルギーになる

エアコン内部でほこりやカビ、ダニが増えてくると、エアコン稼働時にカビの胞子やダニの死骸・排泄物、ハウスダストなどを部屋の中にまき散らすようになってしまいます。

そうすると、当然部屋の中にいる人は空気と一緒にほこりやカビの胞子などを吸い込むことになりますので、エアコンをつけると咳などの症状が出る原因となってしまうのです。


プロのお掃除で、改善できます。


気になる方は、ぜひご相談ください。